防災

『自衛官が対策する』災害が起こった時の二次災害に遭わないように自衛する方法

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

災害はなにも家にいる時だけ
にやってくるものではありま
せん。

例えば出先であったり、職場
であったり、行楽地であった
りと、いつ、どこで起きるか
わかりません。

これからの季節は、海や川
、山で遭難に気をつけなけ
ればいけません。

 

 

寒さから自衛する方法 1

寒空の下、長時間の救助活動を
行うこともある自衛官。

そんなときの対策として身近な
ものを防寒アイテムとして活用
することがあります。

普段の生活にも役立つはずです。

ポイント


・ビニールカッパを着こむ
プラスするだけで温かさ倍増

100円ショップで売られている
ビニールのカッパをTシャツな
どの上に着て、その上から上着
を着るだけです。

風を通さず、サウナスーツ効果
を得られるので、とても温かく
過ごせます。

ビニールカッパは軽量でコンパ
クトにたためるので、持ち運び
もラクラクです。

寒さから自衛する方法 2

海上自衛隊で毎日必ずやっている
防寒対策といえば、「乾布摩擦」
です。

冷え性を改善するのはもちろん、
寒さへの抵抗力・免疫力を高める
効果もあり、風邪予防にもいい。

 

ポイント


・乾布摩擦をすれば、血管が
拡張してポカポカになる

肌がうっすら赤くなるくらい
まで、タオルで皮膚をこすり
ます。

慣れないうちは弱めでOKです。

薄手のTシャツなどであれば、
その上からでもOK!

皮膚に刺激を与えることで、
血管が拡張して体が温まりま
す。

寒さが気になるとき、朝の着
替えのタイミングなどで取り
入れてもいいでしょう。

 

寒さから身を守る方法 3

さまざまな防寒対策がある中で、
体一つでできるのが「筋トレ」

基礎代謝がよくなり、寒い日も
体の中からポカポカと温かくな
ります。

また、ダイエット効果も期待で
きる。

ポイント

スクワットで筋トレ!

・筋トレで発汗する
しゃがむ動作で下半身強化度
がグンとアップ!

自衛隊式スクワットは手を頭
の後ろに当てた状態で
しゃがむ

ジャンプ
を繰り返します。

しゃがむときは左右の足を順
番に前後させます。

膝はつま先より前に出さない
こと。

つま先は、まっすぐ前に向け
ること。

上体を前傾させないこと。

これらを意識し、目線はまっ
すぐ前へ。

理想の体が欲しいなら
RIZAP!

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

 

ポイント


腕立て伏せで筋トレ!

・体を低い位置まで下げると
効果絶大!

自衛隊は年一回の体力検定が
あり、腕立て伏せは必須種目
になっている。

手を肩幅よりこぶし一つ分広
く地面につき、上半身と腰を
一直線にして、腕を曲げます。

あごが床につきそうなくらい
低く下げるのがポイント。

これで腹筋や背筋が鍛えられ
ます。

30日間無条件全額返金保証/ライザップ

 

あわせて読む
海・山・川での遭難や災害から身を守る防災術

日常防災  これからの季節はレジャーや 行楽地に行かれる人も多いと 思います。 ですが、「自分は大丈夫」と 油断していると思わぬ事故や 災害に遭うことも。   目次1 突然の爆発な ...

続きを見る

 

 

おススメです

-防災