お問い合わせ 宇宙 家電 生活アイテム

ウェブメディアクラブ3588

PVアクセスランキング にほんブログ村

宇宙の不思議

 こんにちは。「夜空を見よう」の時間です。

いきなりですが、観測できる宇宙の果てを宇宙の地平線と呼びます。

では、宇宙の果てはどうなってるのか?

 観測可能な宇宙の果ては、約138億年前までで、理論上、約464億光年まで広がる!

それではいったい宇宙はどれくらい広くて、宇宙の果てはどこなのでしょうか?

 例えば、地球では地平線の向こう側にある地面や海は見えません。

宇宙の場合も同じで、観測できる宇宙の果てを「宇宙の地平線」、と呼びます。

ですので、私たちの見えている宇宙の地平線は約138億年前までの距離

なので、観測不可能なのです。

私たちに見えてる星の光は、何年も何年もかけてやっと届いた光なのです。

 例えば地球から10光年離れた星なら、10年前にその星から出た光

私たちは見ていることになります。

 光は、宇宙で一番速く、これを超えるものはありません。

宇宙を観測しようとすると、138億年前までが限界とされています。

ですので、現在の宇宙の地平面は、光が138億年かかって届く距離にあるといえます。

 さらに、なんと、宇宙は年間4光年ほど広がっていると分かっています。

約138億年前に放射された光が届くまでの間、今も宇宙は広がっているのです。

つまり、138億光年先で観測された天体のあった場所は

現在、約464億光年先に遠ざかっているといえます。

 結果、理論的に存在する宇宙の果ては、約464億光年先の距離と計算できるのです。

 

 

 

 

 

月の分譲地

 

ここで少しいいものご紹介したいと思います。

たまには、月に思いを馳せてみませんか?

宇宙にある天体の中で唯一土地が買える場所、それは月です。

今、世界で多くの方が購入しているそうです。

 

 自分のためだけではなく、プレゼントにも喜ばれてます。

月に自分だけの一等地!!ロマンですね!

 

 

 

 

空気清浄機情報

コロナ対策

おススメです

-お問い合わせ, 宇宙, 家電, 生活アイテム